絵画教室・写真教室「のら猫同盟」展覧会や撮影会など|名古屋,愛知,カメラ
展覧会やイベント

NEW!!「名古屋港夜景撮影会」レポート!

まずは夕焼けや月をバックに、ポートレート撮影↓

↑夜景が一番美しいトワイライトの時間帯です

 2018年8月19日(日)の夜に、"名古屋港ガーデンふとう"で「夜景撮影会」を開催しました。

 まずは、夕焼けの露出の合わせ方の説明を聴き、そこに人物を置いてストロボ(フラッシュ)を発光させる「日中シンクロ撮影」を練習しました。この日はちょうど綺麗な半月が出ていましたので、月をバックに同様に撮ってみました(写真2枚目)。
 そして、日没後のトワイライトは、夜景が最も美しく撮れる時間帯です。真っ暗になる直前の短い時間を逃さず撮影しました。

 夜景撮影は、ISO感度を低くして三脚を使うのが基本です。日中の撮影とは勝手が違うので最初は難しく感じますが、少し慣れて上手く撮れるようになると夜景は本当に楽しいですね!
 また、スローシャッター(1秒〜10秒ぐらい)の中でストロボをたく「スローシンクロ撮影」で、ペンライトを使って文字や絵を描いたり、人物を幽霊のように透明にしたり、手持ちでバックの光をわざとぶらす撮影などもたくさん練習しました。いずれもカメラに付属しているストロボを上手く使うことによって、夜景をバックに人物をぶらさず明るく撮ることができます。

 この日は盛りだくさんの内容でつい夢中になり、気がつけば時間が大幅に過ぎていました…(^^;)

 ↓ ペンライトで絵も描けます

↑ 最後はスローシンクロで集合写真

詳細な内容はこちら→

「のら猫同盟展#19」レポート!

講師の作品(画像クリックで拡大)↓

↑展示風景(画像クリックで案内状に) 

 2018年 7月3日(火)〜7月8日(日)に名古屋市民ギャラリー矢田で開催しました「のら猫同盟展#19」は、おかげさまで無事に終了しました。
 62人の作者が93点の作品を展示し、様々なスタイルや技法の作品が壁面いっぱいに並びました。

 のら猫同盟は、この秋の11月1日を持ちまして創立20周年を迎えます。これまで支えて下さったたくさんの生徒さん、並びに関係者の方々には、心から感謝申し上げます。
 今後も、美術を深く追求し、新しい課題や企画をご提案し、皆様が絵画や写真を楽しく学び続けられるよう、個々のニーズを汲み取りながら教室のあり方を考え改善していきます。皆様のお役に立てるよう、日々研鑽を重ねて参ります。
 今後とも、宜しくお願い申し上げます。


 今回の展示は、"20周年"と言っても特に明確な共通課題等は設定しませんでしたが、漠然と「私の大切なもの」というゆるいテーマを掲げていました。
 搬入作業は前代未聞の少人数でしたが、皆で団結してスピーディーに会場作りを行いました。搬入後の前夜祭パーティーも少人数でしたが、手料理が並んでアットホームな雰囲気でした。
 今回特筆すべきは、転勤で通えなくなり四国の香川県から一人で8点も出展された生徒さんです。その意欲と努力には深く敬意を表します。
 打ち上げの懇親会では、恒例の"軽音楽部"の演奏を行いましたが、部員がけっこう増えて賑やかなバンド編成になりました。

 参加された生徒さん、本当にお疲れさまでした。出品できなかった人は、次回こそはぜひ頑張って出品なさって下さい。
 搬入や会場当番など、積極的にお手伝い下さった生徒さんには、あらためて感謝申し上げます。
 そして、わざわざ貴重なお時間をさいて展示会場にお越し下さったお客様には心から御礼申し上げます。
 みなさん、有難うございました!!
 (はらけんじ)

 ↓ 搬入作業の一幕

↑ 打上パーティー集合写真

 ↓打上パーティーでは、"軽音楽部"のライヴも

↑ 最終日の記念写真  

「やきもの散歩道スケッチ&撮影会」レポート! 

  まずは朝のごあいさつから

遠足気分で楽しくお散歩   

 2018年5月6日(日)午前に、常滑市の「やきもの散歩道」にて、"スケッチ&撮影会"を開催しました。GW最終日のせいかほとんど混雑もなく、スケッチや撮影には絶好の爽やかな五月晴れのコンディションとなりました。

 まずは、陶磁器資料館前に集まり、散歩道のコースを皆で散策しながら登窯広場に到着。そこからは各自自由行動で、約2時間思い思いのモチーフを探してスケッチや撮影をしました。
 終了後は、予約したお店で"ランチ会"をして、皆でまったりと語り合いました(^^)!!

 「やきもの散歩道」は、古い煙突や登り窯や土管坂など、なかなか風情のあるいい場所でした。私は15年ぶりぐらいに訪れましたが、以前にも増してお洒落で魅力的なスポットに変貌してるような気がしました。遊園地のような人混みよりも、こちらの方が断然好みですね。
 名古屋からは電車でも車でも行けて入場料もかからないので、スケッチや撮影には絶対お奨めです!(原)

  注意事項を説明して、それぞれスタート!

"土管坂"で撮影   

 お腹がすいたので、皆でランチのお店へ…

お腹いっぱいになったら、眠いんだなぁ… 

個展「はらけんじ展」開催のお知らせ!
(→終了しました)

 木曜日の朝/2016 インスタレーション(案内状より)
 2018年2月13日(火)〜3月30日(金)まで、愛知県西尾市の"イナガキ・コスミック・ギャラリー"にて、講師の個展「はらけんじ展」を開催しています。
 絵画・写真・インスタレーションなど、主に最近4年間の作品の中から未発表の最新作も含めて計24点を展示しています。

 イナガキ・コスミック・ギャラリーは、(株)イナテックさんが運営するギャラリーで、本社ビル内4階にあります。基本的に会社の稼働時間内しかご覧頂けませんので、土日はお休みです(3月21日の祝日は開廊しています)。

 2月21日(水)は、13時ぐらいから作家在廊します。この日は、17時30分〜18時30分にギャラリー内でオープニングパーティーが開催されます。また3月21日(祝)は、終日作家在廊します。

 無料駐車場もありマイカー利用が便利ですが、公共交通機関でお越し頂く場合は、名鉄三河鳥羽駅から徒歩25分、タクシーを利用される場合は名鉄上横須賀駅から数分です。

 皆様のご来廊を心からお待ち致しております!

●会期:2018年2月13日(火)〜3月30日(金)
(土日はお休み、3月21日(祝)は開廊)
●時間:9時〜16時
(入廊は16時まで、17時に閉廊、2/21はオープニングパーティー開催につき18時30分まで開廊)
●会場:イナガキ・コスミック・ギャラリー
TEL 0563-62-6388
〒444-0704 愛知県西尾市鳥羽町大入20-1 イナテック本社4階(→3階で受け付けをなさって下さい)

「12/3ゼミナール&忘年会」レポート!

  デュシャンとウォーホルの共通点は?↓

↑会田誠の作品について  

 2017年12月3日(日)の夕方から、アトリエ近くの「カフェ・ドリトル」さんで「現代美術」をテーマにしたゼミナールと忘年会を開催しました。

 19世紀の終わりから始まる印象派以降の前衛的な近代美術(モダンアート)の進化の過程を踏まえて、現代美術(ポストモダンアート)の起源と言われるマルセル・デュシャンの「泉(1917年)」を取り上げ、60年代のポップアートやコンセプチュアルアートに与えた影響から、今日のキッチュやスーパーフラットなどの傾向につながる流れについて研究しました。

 たくさんの重要な作品画像を鑑賞しながら、皆さんの意見や感想を伺い、私の見解を述べ、現代美術と近代美術の違いについて深く考察しました。
 難しいテーマでしたが、20世紀の代表的な作品を時代を追って整理して観ることで、ちょうど100年前に起こった美術における革命的な価値転換を少しでも実感し、ご自身の創作のヒントにして頂ければと思います。

 <以下は、デュシャンの他に取り上げた作家です>
アルフレッド・スティーグリッツ(写真家)、コンスタンティン・ブランクーシ、アルベルト・ジャコメッティ、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、ワシリー・カンディンスキー、サルバドール・ダリ、マックス・エルンスト、ルネ・マグリット、ジャクソン・ポロック、ウィレム・デ・クーニング、マーク・ロスコ、ピエト・モンドリアン、フランク・ステラ、ジョセフ・コスース、リチャード・ハミルトン、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンシュタイン、横尾忠則、荒木経惟(写真家)、ロバート・メイプルソープ(写真家)、ジェフ・クーンズ、ジャン・アルプ、村上隆、会田誠、バルテュス、ドミニク・アングル

 ゼミ終了後は、そのまま忘年会に切り替わり、のら猫同盟 "軽音楽部"のライヴを行いました(^^)!!
曲は、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」、エリック・クラプトン「ティアーズ・イン・ヘヴン」、ビートルズ「イン・マイ・ライフ」を演奏しました。メンバーはこの日のために相当練習して臨み、荒削りでしたが和やかで素敵な演奏会になりました(^q^)

   お勉強のあとは皆で乾杯\(^o^)/

軽音楽部のライヴと記念写真(^^)!!  

「のら猫同盟展#18」レポート!

 ↓ 打上の記念写真(画像クリックで案内状に)

↑講師(原)の作品(画像クリックで拡大)  

 2017年8/2(水)〜8/6(日)に、名古屋市民ギャラリー矢田にて「のら猫同盟#18」を開催しました。83人が150点の作品を展示し、様々な技法やスタイルの作品が壁面いっぱいに並びました。150点は、過去最多の作品数でした。
 今回は、オリジナル作品に加えて共通課題の「自画像またはセルフポートレート」も合わせて展示しました。直接自分を描いたり撮影したものに限らず、間接的に自分を表現した作品でもよいことにしました。その結果、色々な形の”自己表現”が現れ、どんな作品もある意味で自己表現と言えなくはないので、オリジナル作品と自画像との区別が曖昧になってしまいました。
 また、恒例の”無料写真館”も開設し、今回は白バックの他に本格的な黒バックのスタジオセットも作りました。
 打ち上げの懇親会では、クラブ活動の軽音楽部6人編成で、Beatlesの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」と「With A Little Help From My Friends」と「Get Back」を"ズッコケ演奏"でしたが何とかやり切り、大いに盛り上がりました!!\(^o^)/

 展覧会は、出品する生徒さんと我々講師が成長するための場です。応援して下さるご家族やご友人の方々、貴重な時間をさいて展示会場に観にお越し下さった皆さん、本当に有難うございました!!(原)

   ↓ギャラリー内で無料写真館開設!

皆で協力してあとかたずけ↑  

 ↓打上パーティーでは、"軽音楽部"のライヴも♪

最終日の記念写真でおしまい(^^;)↑   

「4/23ワークショップ&ランチ会」レポート!

  モナリザの構図の秘密について↓

↑名作を皆で分析して議論しました  

 2017年4/23(日)に、覚王山の教室内で「構図」をテーマにワークショップ(研究ゼミナール)とランチ会を開催しました。教室内で開催した授業としては、過去最大の53人もの生徒さんが集まりました\(;゚Д゚)/

 まずは、基本的なこととして、モチーフをどのように配置するとどのような印象を与えるかということを、プロジェクターで色々な事例の画像を見ながら検証し、生徒さんに各々考えてもらいました。
 また、よく言われている「日の丸構図」と「3分割構図」や、「空間のとり方」や「黄金分割比」などについて、作例を見ながら皆さんの意見を聞き、議論をしました。

 そして、Photoshopで作った「構図のシミュレーション画像」を使って、代表の生徒さんに背景上のCGモチーフ(花やワイングラスなど)を仮想的に動かしながら、配置を考えてもらいました。

 最後に、美術史の勉強も兼ねて、西洋のルネッサンスから現代美術・日本美術に至るまでの様々な巨匠の名作の構図パターンを分析し、そこから色々なことを学びとりました。以下は、画像を見て検証した主な作者または作品です。

<絵画>レオナルド・ダ・ヴィンチ、ベラスケス、ルーベンス、フェルメール、レンブラント、シャルダン、ジャン=フランソワ・ミレー、モネ、ムンク、ジョアン・ミロ、パウル・クレー、マレーヴィチ、モンドリアン、ジャクソン・ポロック、フランク・ステラ、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、長谷川等伯、葛飾北斎
<写真>植田正治、カルティエ・ブレッソン、ロバート・メイプルソープ
<建築・彫刻>パルテノン神殿、ミロのビーナス


 皆さん、とても熱心にメモを取ったり積極的に発言もして下さり、面白い意見もいくつか出て、私もとても参考になりました。これをきっかけに、「構図」を意識するようにして頂ければと思います。
 また、今回で得られた知見は、今後も普段の授業にフィードバックしていきたいと思っています。

 ワークショップ終了後は、教室で”ランチ会”を開催しました\(^o^)/
 デリバリーのピザに加えて、今回は”バーニャカウダ”と”トマトのブルスケッタ”と”ミートソースのフジッリ(パスタ)”を頑張って用意しました(^ω^)
 昼間からビールやワインを飲んでワークショップの余韻に浸りながら、皆で充実した楽しい時間を過ごしました(^^)!!
 次の目標は、8月初めの教室展ですね♪

  人数的には限界でした\(;゚Д゚)/

ワインに合う手料理をご用意させて頂きました(^^)

「4/2春の撮影実習」レポート!

  まずは、色見本を配って課題の説明から↓

同系色で類似パターンの作例(撮影/三ツ矢剛)

 2017年4/2(日)に、中区の大須商店街にて「色」をテーマに撮影実習を開催しました。
 最初に簡単な色彩の基本知識についての説明があり、様々なパターンに分類されたたくさんの作品例を見ました。その後、二人一組になって大須の街にあふれる色の題材を探し、そこに人物を組み合せて色で構成した画面を作る課題に挑戦しました。
 普段はあまり色を意識しないで撮影してる人も、今日ばかりは色を中心に考えながら作品づくりをしてみました。絵画教室の生徒さんも、コンデジ’やスマホで参加しました。
 色といってもカラフルな色ばかりではなく、地味なグレーっぽい色もまた色であり、配色を考えることは写真にとっても絵画にとっても重要な要素の一つであることをあらためて認識して頂けたのではないかと思います。

 終了後は、アトリエに戻って"ランチ会"を開きました。
ピザやささやかな手料理が並ぶ中、今日の撮影を振り返りながら画像を見せ合うなど、話は尽きませんでした。

   二人一組で交代でモデルに↓

↑教室でのランチ会   

→さらに過去の展覧会やイベント